クレームガード保証

ガリバーのクレームガード保証とは?

今まで乗っていた車を売るさいには、中古車買取業者などに買い取ってもらい、買取業者はその後買い取った車を売ることになります。

 

買い取るときには車の査定を行ないますが、査定でチェックされる箇所は外装のキズや汚れなどや内装のシートやフロアマットの汚れにタバコの匂いなどをチェックしています。

 

また走行距離やエンジン周りもチェックし、エンジンの移植や改ざんなどが無いかを確認しています。このようなチェックを受け査定額を出し買取を行なっていますが目視と動作確認では発見しきれない不具合があることもあり、買い取った車を売却した後に売却先で不具合が生じる場合があります。

 

そのような場合には車を中古車買取業者に売った、元の所有者にも瑕疵担保責任があることになります。

 

瑕疵担保責任とは売買をするなどの有償契約を行なったときには、その商品について簡単には発見できない不具合などの欠陥がある場合などに、その商品を購入した買主などの権利者に対して負うことになる担保責任になります。

 

そのため次の買主が購入して、エンジンなど素人ではわからない場所で不具合が生じ修理費などが発生した場合には、その修理費を元の所有者が賠償しなければいけないません。

 

そのように不具合が生じて売主が損害金などを支払わなくてもいいようにするものが、ガリバーのクレームガードになります。ガリバーのクレームガードは加入するかどうかは任意であるため、必ずしも加入しなければいけないわけではありません。

 

しかし加入することにより万が一売却した車で不具合が生じた場合でも、安心していられます。

 

またガリバーのクレームガードに入る際には、最終的に入金してもらえる金額を提示してもらい納得してから行ないましょう。