車買取 自動車税

自動車税を払っていない車の買取は可能なのか?

都道府県が課税する自動車税を納税していない場合の自動車買取は、対応が業者によって分かれます。また、可能な場合であっても、車検がいつなのかで判断が分かれる場合もあります。つまり、ケースバイケースと言うことです。

 

自動車買取業者が困るのは、自動車税を滞納しているがために、次の車検を受ける際に本来の納税義務者ではない買取をした業者や新しく所有者となった人が、滞納分を納税しないといけないことです。見ず知らずで全く関係がない人の税金しか母袋能文を納税しなければならないことは、ばかげています。このため、買取を行う際に納税証明を確認しているわけです。

 

 

一方、自動車税を課税した都道府県側からすれば、誰であろうと納税をしてくれればいいわけで、納税義務者に督促は行いますが、それ以上に誰が納税を行うのかなどは詮索をしません。つまり、自動車買取業者は、滞納していることに気づかずに買取をしてしまった場合は、名義変更だけで対応をしたときには、自動車税の納税もしなければならない可能性が出てくるわけです。本来、課税されていないのに別の人の税金を納税しなければ、自動車の走行ができません。理不尽だと通常は感じることでしょう。

 

なお、この自動車税の滞納をしている場合であっても、関係なく車検を受けることが可能なやり方はあります。いったんナンバープレートを運輸支局などに返納して、一時抹消登録を行うことです。一時抹消ですから、その後再度ナンバープレートを交付されて、登録をし直すことで車検も受けられます。ただし、この場合はいったん抹消登録をしなければならず、相応に手間になります。そのため、業者は抹消登録に比較して簡単な名義変更で済ませられるように、自動車税の納税証明を確認するわけです。